3人の男性作業員

イタチ駆除に必要な予備知識|イタチマスターが進めるポイント

健康被害をもたらす害獣

一軒家

住み着いたイタチをそのまま放置しておくと排泄物の被害にあい、悪臭、ダニ・ノミの被害などが起こってしまいます。これらは衛生的にもよくありませんし、健康被害をもたらす危険性もあります。
イタチ駆除をしないでいると天井裏や床下にトイレを作るようになり、排泄物は大量になります。ペットである猫や犬などとは違い、決められた場所でトイレをするわけではないので、あちらこちらに糞やおしっこがされている状態です。また、イタチは肉食系なので、糞の臭さも強烈で不快感を覚えるでしょう。
イタチが家に生息していると大量の糞と獣臭によって天井裏は激臭となるでしょう。またこの臭いが他の動物を引き寄せる可能性もあるのですぐに消臭作業が必要になります。
その次に強烈なのが、ダニやノミです。これらの被害は人の身に起こることなので、安易に考えることはできません。
イタチにはノミやダニが体についており、これらのノミ・ダニが室内に降りてきます。
そうして人間の血液を吸血し、どんどん繁殖していきます。一度刺されると一週間以上続きます。これらの被害に遭わないためにもイタチ駆除専門業者に対処してもらうことが大切になります。駆除をするときには、現場の調査を行ない、天井裏に生息しているのかを確認します。確認でき次第、イタチ駆除にとりかかるといった流れになります。屋根裏などにいなかったときには二次被害対策を行ない、イタチ駆除をする必要がなくなるように対策をしてくれます。