3人の男性作業員

イタチ駆除に必要な予備知識|イタチマスターが進めるポイント

効果的な捕獲方法

ヘルメットをかぶった作業者

最近ではイタチが住宅に住み着き相次いで被害が起きています。イタチは建物の中に侵入すると基本的に住み着いてしまいます。一度住み着いてしまうと出たり入ったりを繰り返しますが、自然に帰ることはありません。基本的に可愛らしい姿をしていますが、農作物を荒らされたり、池の鯉が食べられたりなどの被害が出ています。
また、屋根裏や床下などに住み着き、断熱材を食いちぎり、中身のグラスウールをふかふかのベッドとして使っています。また出産をすることもあり、寝ている間に繁殖していることもあります。
イタチが生息するようになると屋根裏からの騒音が多くなります。夜行性なので夜になるとガタガタやドタバタなどの騒音が聞こえることもあります。これらの問題を解決するためにもイタチ駆除の専門業者に依頼しましょう。

イタチ駆除の専門業者は生態や習性を知っており、効果的な駆除を行なうようになります。罠などで捕獲したり、強い光を当てて逃したりします。
イタチ駆除をする時に多く用いられるのが罠です。罠である捕獲機はイタチが通るであろう場所に設置します。効果的に捕獲するならエサとして唐揚げや果物を入れておくといいでしょう。罠で捕まえたイタチは狩猟せず、遠くの川や池に逃してあげるのがいいでしょう。設置は免許を持っていなくても行なえるので自分で設置することも可能です。イタチ駆除をするためにもいろいろな知識を持っておくことが大切になります。
最近では、捕獲の豆知識なども紹介されているのでそれらを確認するのもいいでしょう。